注文

1
Medium & Subjects
2
写真アップロード
3
サイズ&フレーム
The perfect gift for the one who
has everything!

素材を選ぶ

12人/匹以上の 人物/ペット の場合は 油彩 / アクリルをお選び下さい。
油彩
木炭
鉛筆
水彩
パステル
アクリル
特徴:油彩は最も人気のある素材で、写真を最も鮮明に表現できます。他の素材では表現の範囲が限られることがありますが、油彩ペイントアーティストはあらゆるスタイルやテクニックを使用できます。油絵ポートレートは世代を超え受け継がれる大切な宝物です。

素材&フレーム:油彩はキャンバスに描かれ、フレームへ入れる作業の必要がないギャラリーラップ(内部の木製フレーム上に張られた状態)として注文することもできます。

おすすめ: 油彩はすべての写真ポートレートにおすすめな素材です。素材選びに迷う場合はぜひ油彩をお試し下さい。
特徴:黒と白を使ったシンプルな芸術。木炭はあらゆるモノクロシーンの劇的なドラマを再現し、通常、鉛筆の絵と比較するとはるかにコントラストが高いです。高いコントラストを表現できるのは木炭の特徴です。木炭が表現する影、黒は、他の素材と比較し、絶妙なドラマ感を表現します。モノクロ写真がお好みで、かつ強力なドラマを表現したいなら、素材として木炭を考えてみてください。

素材&フレーム:紙の上にペイントされ、フレームに入れる場合は保護ガラスが必要です。

おすすめ: 木炭ポートレートは屋外や風景写真、背景をより詳細に表現したい場合におすすめな素材です。木炭ポートレートギャラリー このように対象や背景を細かく描けます。また、時間がない場合も木炭はおすすめです。完成品を乾かす必要がなく、何層にも分けて描く必要がないので仕上がりが早く、お値段もリーズナブルです。
特徴:鉛筆は非常に明るいものから暗いものまで繊細かつ大胆に表現できます。鋭く尖った鉛筆で描かれた細い線は、ブラシで表現することはほとんど不可能で、パステルや木炭でも完全な表現はできません。鉛筆で描かれる濃淡や陰影は、鉛筆が持つ良い特徴の1つです。

素材&フレーム:紙の上にペイントされ、フレームの場合は保護ガラスが必要です。

おすすめ: 鉛筆のポートレート 小さいサイズのポートレートが欲しいときにおすすめです。小さい部屋やスペースの少ない壁にもおすすめの素材です。
特徴:水彩は独特な特徴を持つ素材です。透き通った水彩ポートレートは他の素材との違いを生み出します。水と混じる色の魔法は、絵を柔らかく、素朴で、アンティークな風合いを生み出します。

素材&フレーム:紙の上にペイントされ、フレームの場合は保護ガラスが必要です。

おすすめ:水彩は屋外 / 風景におすすめな素材です。
特徴:パステルは非常に乾燥した素材なので、他の素材と比較しやや平らな感覚を受けるかもしれません。ですが、その平らな感覚が生み出す表現は、素晴らしい魅力を放ちます。

素材&フレーム:紙の上にペイントされ、フレームの場合は保護ガラスが必要です。

おすすめ: 人物やペットを描くときにおすすめな素材です。仕上がりの質感が非常に良く、視覚的にも印象的な仕上がりになります。
特徴:油彩とアクリルを比べた場合、一見すると同じように見えますが、アクリルの特徴は色の表現が油彩と比較しより濃く見えることです。アクリルは油彩よりも仕上がりがより鮮やかになるため、風景画の素材としてアクリルを好む人もいます。

素材&フレーム: 油彩と同様に、キャンバスに描かれ、フレームが必要ない場合はギャラリーラップも可能です。

おすすめ: アクリルのポートレート 油彩と同様にすべての写真に適した素材です。

ペイント対象をお選び下さい

人の顔がもっともペイントが難しいです。写真から人やペットの顔をペイントする作業は繊細で、時間がかかります。数を知ることで、ペイントの難しさを確認でき、それに応じた価格を算出できます。

写真に人物やペットが写っていない場合は、風景 / 家を選択してください。(写真が車やボートなどの場合)
ポートレート対象は20以下にしてください。対象が20以上の場合はカスタマーサービスにご連絡ください: team@paintyourlife.jp
ペット